記念日やイベントに

記念日に合うノベルティ

記念日のノベルティの選び方

会社や学校の記念日に、パーティなどを催すところも多いのではないでしょうか。招待者に連絡したり、会場を確保したりと担当者としてはその日に向けてやることが山積みです。会場や食事などもそうですが、関係者に会社名や学校名が入ったノベルティを配布する場合は、関係者のセンスが問われるものです。センスの良いものは非売品として価値も上がりますし、もらった側に持ってもらうことでよい宣伝にもなります。記念日のイベントを活かし、会社や学校の発展に少しでも寄与できるものとして、多くの人の印象に残る良いものを慎重に選びたいものです。

役に立つイベント用のノベルティ

記念日やイベント用として配られるノベルティですが、その場の状況に合ったものを配ると喜ばれるようです。たとえば、真夏の花火大会のときに「ウエットティッシュ」を配るとお手拭きになることから、たこ焼きや綿菓子など手が汚れそうなものを食べたときに助かります。また、暑いですから「うちわ」などを配れば、その場で扇ぐことができるでしょう。真冬に行われる氷の祭典などでは、身体が冷えますから「使い捨てカイロ」を渡せば、身体が温まって喜ばれそうです。記念日やイベントの内容に合ったノベルティを配ると、参加した人の役に立ちます。

↑PAGE TOP